hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年11月9日水曜日

吉野家、松屋、すき家の売上の明暗を分けたのは

こんばんは、だしの素です。

吉野家、松屋、すき家の
10月の売上に明暗が
出たそうです。

1. 情報詳細


以下のように、吉野家、松屋はプラスで、すき家だけマイナスのようです。

・吉野家 前年同月比 15.1%増
・松屋     前年同月比  4.0% 増
・すき家 前年同月比  4.7% 減

「吉野家」はソフトバンクとの無料キャンペーンで客数が21.8%増のようです。

「松屋」は新商品が好調だったため、売上がよかったようです。

「すき家」は昨年の60円引きセールを今年はやらなかったことで客単価は増加しましたが、客数が10.8%減し、結果として、売上が下がったようです。

2. 3社の優待比較

3社の優待は以下のようになっています。100株の値段と優待内容を比較すると、吉野家が一番利回りがいいようですね。


100株の値段
(2016/11/18) 
優待内容
(年間)
吉野家(9861)154,400円6,000円分の
食事券
松屋(9887)350,000円食事券10枚
すき家(7550)199,800円2,000円分の
食事券


3. 所感


お客への"おもてなし"が他よりできているかが売上の明暗を分けたのだと思いました。
すき家は昨年実施したセールを今年できなかったため、他2社に対抗できなかったように見えます。しかし、毎年セールをやることは、客単価をさげてしまうので、厳しいと思いますけどね(´・_・`)

今後も3社には、いろいろな面白いキャンペーンやセールの実施、そして優待内容の改良に期待しています。
そして、また来年の10月が楽しみです。そのとき"おもてなし"できている会社が再び業績を上げているのだと思いました。

ご覧いただきまして、ありがとうございました。
では、また明日。