hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年12月6日火曜日

MaBeee(スマホで操作できる乾電池)に新機能追加!!


こんにちは、だしのもとです。

2016年11月30日にMaBeee(マビー)に新機能が追加されました!

0. 目次


1. MaBeee(マビー)とは?
2. MaBeeeの新機能
3. MaBeeeを作った会社
4. 所感

1. MaBeee(マビー)とは?


単三乾電池型の※1 IoT製品です。

MaBeeeの中に単四電池を入れて使用し、出力の電力を調整できます。

調整方法は、Bluetooth経由でスマートフォンから操作します。
スマートフォンからの操作には、専用のアプリが必要となり、iPhoneとAndroidどちらでも対応していますが、OSのバージョンが以下を満たす必要があります。

・iPhone  … iOS8以上
・Android … Android4.4以上

スマートフォンからの操作方法は以下の6つのモードがあります。

①スマホを振って操作
②スマホの画面上のボタンで操作
③スマホの傾きで操作
④声の大きさで操作
⑤スマホと操作対象の距離で操作
⑥タイマーで操作


MaBeee値段 … 希望小売り価格4,980円(税別)
発売開始 … 2016年8月より

※1 IoTとは、「Internet of  Things」の略で、世の中のものに通信機能を持たせ、相互通信することで操作すること。

2. MaBeeeの新機能


「X. 参考」には、「LEDライトなどの証明製品をコントロールするモードが新たに加わった」(引用:http://www.jiji.com/jc/article?k=000000011.000016319&g=prt)と記載されていますが、具体的に新機能がわからなかったので、iPhoneでアプリをダウンロードしてみました。

アプリをダウンロードして、わかったことは以下3点です。
(※MaBeee自体を持っていないので、推測ですが)

①MaBeeeに関するアプリが「Mabeee - コントール -」、「Mabeee - ライト -」の2つある
(※両方のアプリとも無料)

②上記で紹介した6つの操作モードは、アプリ「Mabeee - コントール -」で行うと思われる

新機能は、アプリ「Mabeee - ライト -」で行うと思われる

つまり、新機能を使うには、新しく追加されたアプリ「Mabeee - ライト -」が必要だと思われます。

「Mabeee - ライト -」を起動して、わかったことは以下2点です。

①光の操作は「波形」、「明るさ」、「スピード」がある

②波形には、「Flat」、「Sine」、「Square」、「Triangle」の4種類ある

実際に操作してみないと動きはわかりませんが、「波形」、「明るさ」、「スピード」を組み合わせて、いろいろなバリエーションの光ができそうです。

3. MaBeeeを作った会社


MaBeeeはノバルス株式会社で作られました。
ノバルス株式会社は、2015年4月に設立された新しい会社です。

4. 所感


お恥ずかしい話ですが、私自身、MaBeeeが販売された8月時点では、MaBeeeの存在自体、存じませんでした。

IoTを使って、電池の出力調整で、ライトの光などの操作できるのはおもしろいと思いました。
この原理を使えば、扇風機の風量も微調整でき、「強すぎる」、「弱すぎる」問題が解決できそうですね。

今、研究や試験的な導入がされている車へのIoT搭載は、自動運転や運転支援を実現していくと思います。しかし、ネットワークに接続するということは、ウィルスに侵され、制御不能となり、事故につながる危険性もあります。IoTを搭載するだけでなく、安全に使えるような強固なセキュリティも実現しなければいけないと思いました。

では、また明日。

ご覧いただき、ありがとうございました。

(明日は過去記事を修正します。)

x. 参考


ノバルスHP : http://novars.jp/
MaBeeeHP : http://mabeee.mobi/
新機能情報 : http://www.jiji.com/jc/article?k=000000011.000016319&g=prt