hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年4月21日土曜日

株素人が感じた株兼業のメリット(4コマ漫画で記事、第1弾)


こんにちは、だしのもとです。

今回は兼業について。

私自身、会社員と株投資家の兼業をしています。
実際にやっていて感じたメリットを紹介していこうと思います。

文章だけだと上手く伝えられないので、以前私が書いた兼業に関する4コマ漫画を交えて紹介してきます。

まず、今感じているメリットですが、以下の3つあります。

1. 収入の増加
2. 月曜日の朝の辛さを軽減
3. 潜入調査できる

それぞれ詳しく説明してきます。

1. 収入の増加


会社からの給与と株での利益の合計が収入となるため、収入は増加します。

会社からの安定した収入と不安定だけど儲けられるときは大きく利益の出せる株の二本柱
あると心は楽になりますね。どっちかがなくなっても収入が0でないという安心感があります。

1つだと、やっぱり少し不安ですよね。
会社に入ったら定年まで安定という時代ではありませんからね。

株の利益が多くなり、本業で嫌なことがあったときは、会社やめてやろうかと思ったことがありました。しかし、安定した収入があるから、冷静に株取引できているんですよね。

株1つにしてしまうと、利益を出さなければいけないと言う思いが強くなってしまい、焦ってしまうと思います。

やはり、二本柱のバランスが大事ですね。

2. 月曜日の朝の辛さを軽減


会社員は月曜日の朝つらいですね。気持ちが沈みますね。

しんどい1週間がまた始まるのかという気持ちになりますね。(平日5日勤務の場合に限りますが)

株をやっていると仕事終わりに企業からの発表や保有株の株価を確認し、次の日の株価予想したりと、楽しみがあります。

なので、つらい平日が少し楽しくなります。

特に金曜日に自分の持っている株の好材料が発表されると、月曜日どれくらい株価上がるかワクワクし、少し待ち遠しくなりますね。

ちなみに今株をやめてしまったら、月曜出勤できる自信はないですね。

3. 潜入調査できる


兼業していると、保有企業と一緒に仕事なんてこともあります。

おっ、あの企業の人か!ってなりましたね。
芸能人ではないのに、少し芸能人に合った感覚です。
また、なんだか親近感が湧いて、仕事も少しやる気が出ますね。

実際に仕事してみると、社員の人の感じからHPではわからない社風というか、会社の感じがなんとなく伝わってきますね。
この企業をこのまま持ち続けていいかの判断材料が増えます。

私はIT関係で働いていまして、IT関係って私の好きなクオカードを優待にしていることが多いので、必然と漫画のようなことがありました。

仕事のモチベーションになるので、兼業している方は一度やってみることオススメです。

最後に

今回は兼業のメリットをまとめたので、株のいい部分だけ書いています。
もちろんデメリットもあるので、それは又今度まとめてみようと思います。

今年で5年目ですが、デメリットよりメリットのほうが大きいと感じているので、これからも株は続けようと思います。兼業はいつかやめるかもしれませんが。

ご覧いただき、ありがとうございました。