hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年6月13日水曜日

株素人の思う株を始めたら描く夢(4コマ漫画で記事、第6弾)





こんにちは、だしのもとです。

今回は株を始めたら大体の人が描く夢について話していきます。

私も夢見ていて、多くの人がイメージすると思われる株に関する夢について話していきます。

今回も文書だけでは上手く伝えわら無さそうということで、4コマ漫画を交えて話していきます。

話す内容は以下3つです。

1. 優待だけで生活する
2. 億り人
3. 兼業をやめる

それぞれ話していきます。

1. 優待だけで生活する


家賃とかガス、電気などお金でしか払えない部分はあるとして、

食費だったり、日々の生活雑貨、衣類などを優待でなんとか生活していく。
というのが、1つの夢だと思います。

株と言っても優待とか気にせずやっている方もいるので、株を始めたら「株主優待で生活する」という夢を見ない人もいると思いますが、

最近、株主優待だけで生活している方がテレビなどで取り上げられていて、株主優待を入り口に始める方が多くなったと思っていて、

そうなると、株をやっている人が「優待だけで生活」を夢見ている割合が上がって来ていると思います。

また、雑誌などでも「株主優待で生活する」など特集が組まれて、株で稼ぐだけではない成功モデル(夢)としてある程度確立されたと思っています。

優待券などで生活できればいいなと思う反面、優待券などには使用期限があり、期限内に消費しなければいけないという大変さがありますね。

2. 億り人


次は億り人です。
おくりびとって言葉だと、普通は納棺師の映画をイメージしますよね。
ここでは"億り人"を指します。

投資で億単位の資産を築いた人を指します。
そして、先程の映画のタイトル"おくりびと"をもじってできた言葉だそうです。

やっぱり株を始めた時の目標として、大きな目標として1億超えっていうのが皆さんあると思います。

twitterとかを見ていると、1000万がスタートで億を目指していくのが投資家のスタンダードみたいな印象を受けます。

私はまだスタートにも立っていないので、とりあえずスタートに立てるように努力していこうと思います

3. 兼業をやめる


会社員で副業として投資を始める人も多いと思います。
そうなったときの最終的な目標として、会社をやめるという目標を立てる人もいると思います。

まずは本業の何分の1から始まって、同額、何倍か
やめるタイミングは人それぞれだと思います

私自身も会社やめたいっていう目標はあるんですけど

会社いってると年金とか収めてくれるし
会社からからの固定収入があるおかげで落ち着いて投資できているところもあるので

投資で本業の何倍以上稼げないと、本業をやめるのは怖いというところはありますね。

会社やめたとしても、投資だけの収入だと不安定な部分があると思っていて

投資とは別の副業、なにかビジネスなどとの2本柱にできたら良いなと思っています

ただ、時間の決まっている会社員やバイトはできれば避けたいと思っています

なので、兼業をやめるというよりは会社員、勤め人をやめるというのが
正しいですね

最後に

今回は株を始めたら描く夢について、3つ話しました

実現できるかは置いといて、夢をはっきりすると、どうやって実現していこうかとイメージが湧きやすいと思います。

私は3つ目を特に力を入れて頑張っていこうと思います。

ご覧いただき、ありがとうございました。