hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加


2016年12月23日金曜日

日清食品が神戸開港150年記念のビーフカレーヌードル発売!! [ 新発売 ]


こんにちは、だしのもとです。

日清食品が新しく神戸開港150年記念のビーフカレーヌードル発売を1月2日から開始します。

目次


1. 新発売の詳細
2. ちなみに日清食品の優待情報等
3. 所感

1.  新発売の詳細


----------------------------------------------
□ 新発売の日時と範囲
----------------------------------------------
=>発売日時:2017年1月2日
=>発売範囲:近畿地区限定

----------------------------------------------
□ 発表企業
----------------------------------------------
=>日清食品株式会社(銘柄コード:2897)

----------------------------------------------
□ 新発売の商品
----------------------------------------------
=>「神戸開港150年記念 ビーフカレーヌードル」

=>新商品の特徴は以下、引用のようです。

「■商品特徴
  麺:しなやかでコシとつるみのある麺。
  スープ:濃厚なビーフのうまみとタマネギなどの野菜の甘みが溶け込んだカレースープ。
  具材:牛肉、ポテト、ニンジン、ネギ。」(引用 : https://www.nissin.com/jp/news/5681)

=>神戸といえば、神戸牛が有名ですが、神戸牛とは明記されていないため、使われていないようです。

=>神戸開港で、なぜ「ビーフカレー」なのか?引用には以下の記載がありました。

「明治時代から神戸旧居留地のホテルなどで食べられていたビーフカレーをイメージし、濃厚なビーフのうまみと野菜の甘みが溶け込んだ昔懐かしい味わいに仕上げました。」(引用 : 同上)

2.  ちなみに日清食品の優待情報等


----------------------------------------------
□ 株主優待等の諸情報
----------------------------------------------
=>株主優待をもらうには、最低601,000円必要
      (100株 2016年12月22日時点)

=>銘柄コード … 2897
=>権利確定月 … 3月末、9月
=>1株あたりの配当金 … 80.00円

優待内容は(1)製品詰め合わせやオリジナルグッズまたは、(2)「国連WFP」への寄付です。
保有株数に応じて以下のように金額が変わります。

(1)製品詰め合わせやオリジナルグッズ
      [1]製品詰め合わせ
      [2]オリジナルグッズ

保有株数優待金額(年間)
100株以上[1]3,000円分
[2]0円分
300株以上[1]7,000円分
[2]3,000円分
1,000株以上[1]9,000円分
[2]3,000円分
3,000株以上[1]11,000円分
[2]3,000円分

(2)「国連WFP」への寄付

保有株数優待金額(年間)
100株以上3,000円分
300株以上7,000円分
1,000株以上9,000円分
3,000株以上11,000円分

----------------------------------------------
□ 株主優待の利回り
----------------------------------------------
=>1株6010円で計算
=>上記(1)の優待について[1]、[2]を合算し、年間で計算

=>100株以上 … 0.49%
=>300株以上 … 0.55%
=>1,000株以上 … 0.19%
=>3,000株以上 … 0.077%

株主優待の利回りが一番高いのは、300株保有時です。

(参考、日清食品優待:https://www.nissin.com/jp/ir/stock/preferential/)

3. 所感


神戸開港150年を祝う新商品発売が発表されました。

今回は神戸開港記念として、当時ホテルで提供されていたビーフカレーをイメージした商品となっていますが、私の中で神戸開港で一番に思いつくのは、神戸牛です。
以下に示すように開港によって、神戸牛が確立されていきました。

「神戸港が1868年に開港され、多くの外国人が入るようになったが、この頃には日本では食肉文化が定着しておらず、農家の作業等に飼育されていた但馬牛を食べたイギリス人が、その味を絶賛したことが始まりといわれる。これがのちに「神戸ビーフ」と呼ばれ、外国へ輸出されたり、全国に流通するようになった。」(引用 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%95)

そのため、私が150年記念商品の味を考えるのであれば、神戸牛を使うつながりで「すき焼きの締め味」はどうだろうかと思いました。

というのも、最初の牛すき焼の専門店は神戸で開店しています。また、開店時期も神戸開港と同時期です。また、これまでにないチャレンジな味だと思います。
以下に引用掲載します。

「牛すき焼きの専門店としては1869年(明治2年)に神戸元町に「月下亭」が開店している。」(引用 : https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%8D%E7%84%BC%E3%81%8D#.E3.81.99.E3.81.8D.E7.84.BC.E3.81.8D)

それはさておき、今回のような地域限定発売と聞くと、よりどんな味か気になってしまいますね。
ホテルのカレーなので、上品な味なのかと色々と想像していますが、ぜひ食べて確認してみたいと思います。

では、また明後日。

ご覧いただき、ありがとうございました。

(明日は過去記事を修正します。)

X. 参考


日清食品HP : https://www.nissin.com/jp/ir/