hatena


このエントリーをはてなブックマークに追加


【株素人のススメ】株取引のポイント覚書き(その2)


ポイント一覧


1. 公募増資は株価下落の可能性高い
2. 第三者割当増資は株価下落の可能性が低いから様子見
3. 売った株のその後の値動きより次に買う株の値動きを気にする
4. 優待や配当だけでなく、業績や資産状況も確認
5. BPSが高いほど企業の安定性は高くなる
6. 爆上がったときはあせって売らず、もう一日考える
7. 優待株で一番恐れるべきは、業績でも減配でもなく、優待改悪
1. 公募増資は株価下落の可能性高い
【解説】
+------------------------------------------------------
  公募増資では、株式市場に株が大量に出回るため、
  需要にたいして供給が上回り、株価が下がるという仕組みになります。
+------------------------------------------------------
2. 第三者割当増資は株価下落の可能性が低いから様子見
【解説】
+------------------------------------------------------
  第三者割当増資では、関係の深い会社などに売るので、
  簡単に株が大量に出回ることが少ないです。
  そのため、公募増資のように需給関係が悪化しません。

  個人的には、とりあえず様子を見て株価の動向を
  伺うようにしています。
+------------------------------------------------------
3. 売った株のその後の値動きより次に買う株の値動きを気にする
【解説】
+------------------------------------------------------
  ある程度株価が上がり、売却した場合、
  その後、その株価が気になるかもしれません。
  もしかしたら、もっと高く売れたのではないかとか。

  しかし、気にしたところで売った値段は変わることなく、
  もし売った値段よりも上がっていた場合、気が滅入るだけです。

  そこにかける時間を次購入する株に向けることで、
  より良い株取引ができます。
+------------------------------------------------------
4. 優待や配当だけでなく、業績や資産状況も確認
【解説】
+------------------------------------------------------
  優待や配当を確認し、できるだけ
  利回りの高い企業に投資することは大切だと思います。

  しかし、業績や資産状況が芳しくない場合、
  優待の改悪や減配の可能性があり、
  結局利回りが悪くなってしまう恐れがあります。

  そのため、業績や資産状況の確認も大切になってきます。
+------------------------------------------------------
5. BPSが高いほど企業の安定性は高くなる
【解説】
+------------------------------------------------------
  BPSとは、Book-value Per Shareの略で、
  1株あたりの株式資本を表す指標です。(1株あたり純資産とも呼ばれます。)

  1株あたりの純資産が高い企業は財政的に安定していると言えるため、
  BPSが高いほど企業の安定性は高くなります。
+------------------------------------------------------
6. 爆上がったときはあせって売らず、もう一日考える
【解説】
+------------------------------------------------------
  大きく上がった(爆上がりした)とき、
  慌てて売ろうとしてしまうことがあると思います。

  大きく上がった要因にもよりますが、
  次の日も上がる可能性が高いため、次の日の株価の動向を見つつ
  落ち着いて売るタイミングを見るようにしています。
+------------------------------------------------------
7. 優待株で一番恐れるべきは、業績でも減配でもなく、優待改悪
【解説】
+------------------------------------------------------
  優待株(株主優待のある株)には一定の株主優待ファンがおり、
  株価を支えている部分があります。

  そのため、私の経験則ですが、優待改悪の発表後は一番大きく
  株価が下がる可能性があります。
+------------------------------------------------------

ご覧いただき、ありがとうございました。


その他のページ


もしよろしければ、こちらもご一読お願いたします。

【株素人のススメ】株取引のポイント覚書き(その1)